akibadannshi-story

『あの子を振り向かせるために!これぞ「恋の一念岩をも通す」』。

まさにタイトル通りの現象・実話が私の身近に起こりました。

主人公はある「秋葉系男子」です。

仕事のできない秋葉系男子

私の職場にはいわゆる「仕事のできないやつ」がいました。
上司の私が何を言っても果たしてちゃんと聞いているのか、聞いていないのか。

おそらく当人に とっては「不真面目」にやってるわけではないのでしょう。
そこが厄介なところで、なかなか周りも怒れずにいました。
彼は所謂「イイやつ」なのです。

ただ少し自分を甘やかし、管理できていない。
当然、体重に関しても自堕落で、肥満体。

趣味はアニメ、週末は秋葉原に通っているという感じでした。

 

秋葉系男子の転機

しかし、そんな彼にも転機が訪れます。

友達に誘われた、彼にどうやら「好きな女性」が現れたそうなのです。
昔、「電車男」という小説やドラマがありましたが、まさか私の前で同じ現象が起こるとは・・

好きな人が出来た彼は、彼女のため「かっこよく」なるため、ひたすらダイエットに励みました。

  • 職場まで歩いて2時間かかる距離を往復してウォーキングで通う。(いつもヘルシアウォーターを飲みながら)
  • 2時間以上かかる遠くまでの移動はいつもスポーツタイプの自転車
  • 大好きな甘いものを断つ
  • ジムに通い肉体改造
  • 和食中心の生活(食生活の抜本的改革)

するとどうでしょう?

まず仕事の面で「効果」が現れました。動作は機敏になり、仕事場での声は極めてハキハキとしたものに。
仕事の能率も上がり、とってくる契約数がうなぎのぼりに上がっていき、昔彼をいじめていた人達を追い越しました。

私はこの時点でかなり涙腺が緩んでいましたが、彼の快進撃は止まりません。

なんと秋葉系通いも辞めたそうです。
なにもここでアキバ系文化を否定するわけではありませんが、「体育会系」へと生まれ変わった彼にはもはや「不要」だったのでしょう。

痩せてかっこよく、仕事もできる彼は紆余曲折ありましたが、意中の人をGETできました。

本当に上司としてうれしかったです。
後輩がドンドン伸びていくのは、先輩としてもしかしたら一番の喜びかもしれません。

 

好きな人が現れるだけで人生は変わる

そして彼が素晴らしいのは変わっても「人柄の良さ」は「変わらず持ち続けた」ことです。

彼はいまでは職場でも頼りになる「仲間のひとり」になりました。

意中の彼女と結婚したかれは順調に出世し、今や「子供」も生まれとても幸せな生活を営んでいます。

きっと彼はどこまでも伸びるでしょう。