axa-promotion

皆さんは親子で会話をしていますか?
「親と話す時間なんて、この先いくらでもある。」そう思っている人がほとんどではないでしょうか?

今回の動画のテーマは、『親子のつながり』です。

そんなテーマで作られている、アクサ生命のコマーシャル映像をご紹介します。

親子の時計/Where Does the Time Go? |アクサ生命保険

2分9秒38という時間は、映像内の男性が3か月間の間に両親と会話をする時間です。

いそがしいく過ごす日々の中で、忘れてしまいがちな親子の会話。
どうしても仕事や友人との付き合い、日々の生活を中心に考えてしまい、親と過ごす時間や連絡すらも後回しにしてしまいがちです。

もし映像の彼が今後も状況を変えずに過ごせば、彼はこの先20年で合計3時間しか両親と会話をする時間がありません。

この映像はそんないそがしく過ごしている男性をモデルに大切なことに気づかせてくれる映像に仕上がってます。
視聴者の中には自分の状況とかぶり胸を痛めた人も多いのじゃないかなと思わせる動画です。

自分の生活スタイルや、時間の配分、そして大切な両親との距離感を考えさせられる映像です。

 

企業イメージをあげるブランディング動画の伏線

子どもの頃は毎日会話していたけど、しばらく親と会話していないな?実家に正月しか帰らないという方には響く動画になっています。

またアプリのプロモーション動画ですが、最後まで企業アピールをしていません。
ですが、ストーリー全体が導線となっているうまい動画作りです。

営業色の少ない、このようなブランドイメージを上げる動画は現在増えています。

アプリはこちらです。

「アーユーOK?」とは?|アクサ生命保険