longwallet-look-in

結婚して2年目、まだ子供もいないので私たちは共働きで、家のお金の全ては私が管理しています。

一軒家購入の為に細かく節約し、貯金(月10万円以上)に回していて、主人もそれに協力してくれます。

月に2回ほど、主人の財布を確認して中身を増やしていますが・・・。

買い物を頼んでも忘れる旦那

『トイレットペーパー買ってきて。』仕事帰りの主人に何の気なしに連絡しました。

帰ってきて、『忘れちゃった!ごめん!』と主人。

翌日、私が買いに行きました。

数日後、買い忘れたケチャップを頼むとそれも忘れてきました。
また翌日、私が買いに行きました。

忘れっぽい人ではないので、財布の中身が少ないんだろうと察しました。

 

旦那の財布の中をのぞいてみた

longwallet-look-in2

週末、いつものように主人が寝ている間に財布を確認しました。
案の定、財布は小銭でいっぱいでした。

『中身が二千円を切りそうな時は言ってね?』いつも言っているのですが、彼は絶対に言わないのです。

中身を覗いたら240円でした。それとたくさんのレシート。

『頑張って働いた大事なお金だから、何に使ったか分からないとかナシにしてね?』
これも私がいつも言っている事です。

歯医者さんの治療費、猛暑日を記録した日付けのコーラ、お弁当を忘れていった日付けのおにぎり、私が飲み会だった日の吉野家・・・

全てのレシートに主人の真面目さを感じました。

 

何でも取っておく旦那

longwallet-look-in3

私の誕生日の日付のケーキ、私の誕生日プレゼントを私にバレないように一度実家へ送った宅急便の送り状、私へのプレゼント代だと知らず『3万円も何に使ったの?』と問い詰めたカードの明細。

お弁当にたまに入れていた主人への手紙も財布に入っていました。

朝、バタバタ書くのでそれも字が汚いけど、主人は大事に取っていてくれていました。

  • 『午前中のお仕事お疲れ様!午後からも頑張ってねー。』
  • 『昨日はごめんね。今日の晩御飯は鮭を焼きます。』
  • 『お疲れ様!洗濯物ありがとうね!』

これはあの時かー・・・。こっちはあの日に書いたやつやんな。

お金を持ち歩いているのか、手紙を持ち歩いているのか分からないほどでした。

お金が少なくなっても言わない主人。

  • 『まだジュース買える大丈夫!』アホな主人。
  • 『手紙絶対取らんでばい!もらったけ、もう俺のやけ!』ガキな主人。
  • 『金貯めて家建てて、子供と庭でBBQするんばい!』無邪気な主人。
  • 『○○(私)が金管理しとうき絶対大丈夫!我慢さしとうのはどっちかっちゃー俺やろ!笑』

待っときんさい。

家、建てれるだけの貯金作っちゃるけん。