読んだきっかけ

友達に勧められたので、どんな本かと思いネットで調べたら共感している女性が多かったから、安野モヨコさんのこの「脂肪という名の服を着て」を読んでみました。

痩せたいというのは女性の永遠の悩みですが、一度読んでほしいと思えるコミックです。

本を読んだ感想

少し太っている、その容姿が原因で職場の上司や同僚から何かと理由をつけられ、ひどい扱いを受ける20代OL「のこ」が主人公のコミックです。

唯一心の拠り所であった彼氏は、のこの美人の同僚マユミと浮気する始末。

彼氏にも裏切られ、ダイエットを決意するのこですが、ストレスを「食べること」で解消するため、痩せないどころか太る一方です。

このあたりが非常に共感できますね。

ひょんなことから出会った老人に大金をもらい、そのお金でエステサロンに通うのですが、またしても食べることを我慢できないのこ。

会社では、マユミのミスを押し付けられ、のこの立場は最悪になります。

会社の同僚やマユミを痩せて 見返すため、過食嘔吐に走ってしまいます。

結果、体重は減りスリムになるのですが「痩せて幸せになりたい」「痩せたら彼氏も戻ってくるのでは」というのこの願いもむなしく、彼氏は新しい彼女を作り去ってしまいます。

痩せさえすれば、なんでも上手くいくはず、幸せになれるはず、と思っていたのに現実はそうではなかったのですね。

私もダイエットにのめりこみ、過食嘔吐していた時期があったため、のこと自分を重ね合わせながら読みました。

美しくなりたい・痩せたい女性なら誰しも共感できるダイエットコミックです。

 

今回の紹介本

安野モヨコ「脂肪という名の服を着て」

脂肪と言う名の服を着て 完全版

脂肪と言う名の服を着て 完全版

  • 作者:安野 モヨコ
  • 出版社:祥伝社
  • 発売日: 2002-07-08