sterility-story1

人間の一生って生まれて大きくなって結婚して子供を作ってどんどん年老いていき最後は天国へ旅立つ。

これが大体の人のいわゆる普通の人生です。

でも普通じゃなかったらあなたはどうしますか?

6年つき合った彼女と結婚

sterility-story2

当時20代の男性です。

職場恋愛から6年程付き合った彼女がいました。
そろそろお金もできたし結婚式をあげて結婚したいなと思いプロポーズをして結婚しました。

籍を入れてから新婚旅行に行き、当たり前ですが旅行先では早く子供も欲しかったので夜の営みをしました。

二人で「1回で赤ちゃんできたらいいね!最低でも 2人は欲しいよね!」なんて話しながら旅行をしていました。

 

いつまでたっても出来ない赤ちゃん

月日が経ち結婚してから週に3回前後の夜の営みをしても妊娠の兆候がなく毎月ワクワクしながら 過ごしていても、彼女は生理になりました。

お互い不安になっていましたが、友人に相談しても

「タイミングもあるから、そんなに焦ってもできる命もできないよ!」
なんて笑われながら言われました。

自分も心の中で

「そうだよな!焦って作るものでもない!」
と、言い聞かせ不安な気持ちを隠しました。

しかし、1年経過しても状況は変わらず彼女も精神的に弱っていました。

だんだん夜の営みもプレッシャーになっていくのです。

 

病院で検査をしにいく彼女

sterility-story3

そんなある日彼女から、明るい口調で

「なんでできないのかな?今度病院で検査してくるね!」といきなり言われました。
今となって考えてみると自分のせいだと思っていて彼女もプレッシャーだったんだと思います。

検査と聞いた時の正直な気持ちは、

「原因がはっきりしたほうが気持ちもすっきりする!」

と私は思いました。

パートを休み、病院に行き検査を受けてきた彼女は検査自体がとても痛く後悔の顔をして帰ってきました。
不安な顔をしてたので二人で早めに寝て安静に過ごしていました。

検査結果が出たということで「一緒に行こう」と誘われましたが、病院は好きじゃないので行きませんでした。

彼女が帰ってきて問題ありませんでした。

ってことは・・・・・。そして、

「私は問題が無いみたい。もしよかったら今度検査にいかない?」と言われました。

 

不妊の原因は俺なのか・・?

次の休みに2人で病院に行くことになりました。病院に行くまでは、

「まさか俺が原因なんてあり得ない。健康だしタイミングだけだろ?」

と考えてました。

病院に着くと部屋に1人で入らされ本やDVDが用意してあり、自分の赤ちゃんの元となる成分をコップに入れて下さいと説明されました。
提出後すぐに検査室に入り、先生が顕微鏡 を見ながら説明してくれます。

それがTVモニターに映し出されていましたが、ただ白い景色でした。
はっきり言って知識が無かったので、何を映してるのかわかりませんでした。

すると先生がそっと一言「普通はね・・・白い画面の中に動く物が見えるんだよ。あなたのは何も動かない。赤ちゃんになる元が無いようです」

と。。。。言われた瞬間、

「なぜ俺が?普通の男だよ! 今まで何も悪いことしてないよ!絶対嘘だろ!男としてのプライド、ズタズタだ!」

という思いと共に涙が止まらなくなり検査室から走ってでました。

それ以降病院には行かず、色々考えましたが彼女の一生の事を思い別れる事になりました。

大好きな彼女でしたし、一生一緒に過ごしていくと思ってましたが、今となっては後悔していません。

彼女にはいつか元気な子供を生んでほしいので。